規約とポリシー

TOICAマイナポイント付与サービス規約
サービスの概要
第1条 TOICAマイナポイント付与サービス(以下「本サービス」という。)は、総務省が推進するマイナポイント事業(以下「本事業」という。)に基づき、会員がTOICA乗車券にSFをチャージした場合に、そのチャージ額に応じて東海旅客鉄道株式会社(以下「当社」という。)が会員に対して、TOICAマイナポイントを付与し、当社所定の方法によりTOICA乗車券に対しSFを還元するサービスである。
目的
第2条 本規約は、当社が提供する本サービスについて定めたものである。
契約の成立・適用範囲
第3条 本サービスの会員契約は、会員希望者が第5条第1項第6号に定める会員サイトにおいて本規約を承認かつ同意し、当社が定めた手続きに基づいて会員登録を行ったときに当社と会員の間において成立する。 2.本規約に定めのない事項については、法令及び「東海旅客鉄道株式会社ICカード乗車券運送約款」「TOICA電子マネー取扱約款」等の当社が定める約款の定めるところによる。 3.当社は、本規約を会員に通知することなく変更することができるものとする。当該変更は、あらかじめ当社のWEBサイト等で告知するものとする。
対象媒体
第4条 本サービスは、東海旅客鉄道株式会社ICカード乗車券運送約款第3条第2号に定めるTOICA乗車券(TOICA、小児用TOICA、EX-ICカード(TOICA機能付き)、TOICA定期券及び小児用TOICA定期券)を対象とする。ただし、SFをチャージできないTOICA乗車券を除く。
用語の意義
第5条 本規約における主な用語の意義は、次の各号に掲げるとおりとする。
(1)「会員」とは、第3条第1項に定めた当社と本サービスの提供に関する契約を結んだ者をいう (2)「アドレス」とは、第6号に定める会員サイトに登録したメールアドレスをいう (3)「パスワード」とは、第6号に定める会員サイトに登録したパスワードをいう (4)「登録TOICA」とは、会員が本サービスに利用するTOICA乗車券として、第6号に定める会員サイトに登録したTOICA乗車券をいう (5)「TOICAマイナポイント」とは、本サービスにおいて会員に付与されるポイントをいう (6)「会員サイト」とは、本サービスの会員専用サイトであるTOICAマイナポイント付与サービス会員サイト(https://toica.mp-charge.com)をいう (7)「TOICA決済サービスID」とは、TOICA乗車券の裏面に表示されている、JCから始まる17桁の番号をいう (8)「SF」とは、ストアードフェアカードの機能によりTOICA乗車券に記録される金銭的価値をいう (9)「チャージ」とは、TOICA乗車券にSFを付与することをいう (10)「再発行」とは、東海旅客鉄道株式会社ICカード乗車券運送約款第21条の2、第26条、第27条、第38条及び第40条の定めによりTOICA乗車券を再発行することをいう (11)「カード交換」とは、TOICA乗車券の処理において、カード情報の更新ができない場合等に、当社が新しいTOICA乗車券に交換することをいう (12)「マイナポイント事務局」とは、本事業の執行団体である一般社団法人環境共創イニシアチブをいう (13)「約款」とは、「東海旅客鉄道株式会社ICカード乗車券運送約款」及び「TOICA電子マネー取扱約款」を含む、当社が本規約とは別に定める約款をいう (14)「本登録」とは、第7条第4項に定める手続きが完了し同条第5項に定める申込み終了の表示がなされた状態をいう (15)「登録決済事業者」とは、本事業に参加するキャッシュレス決済事業者としてマイナポイント事務局の登録を受けた事業者をいう
2.前項に定めのない用語についてはマイナポイント事業キャッシュレス決済事業者登録要領その他総務省が本事業に関して定める規程及び当社が定める約款の定めるところによる。
入会費等及び通信費等
第6条 本サービスの会員登録や利用にあたって会員又は会員希望者は入会費・年会費等の支払を要しない。 2.以下の各号に掲げる費用は会員又は会員希望者の負担とする。
(1)本サービスにおいて使用する携帯電話等の端末機器の購入費等 (2)会員サイトやコールセンター等にアクセスする際の通信費 (3)TOICAマイナポイントの還元を受けるために発生する交通費 (4)その他本サービスの利用にあたり、会員又は会員希望者に発生する費用
会員情報の入力
第7条 会員希望者は、登録したいTOICA乗車券の決済サービスID、その他当社が会員情報として定めた事項を、会員サイトに正しく入力しなければならない。 2.第3条第1項に定める契約が成立したとき、当該会員希望者は会員となる。なお、会員希望者について会員資格喪失事由がある場合等当社が必要と判断した場合、当社は会員登録を拒絶することがある。 3.1つのTOICA乗車券には複数の会員登録をすることができない。また、会員は複数のTOICA乗車券を登録TOICAとすることができない。 4.会員は、会員サイトにおける手続きのほか、マイナンバーカードを取得しマイキープラットフォームにおいて、マイキーIDを設定し、かつ、自らが本事業で利用するキャッシュレス決済サービスとしてTOICAを選択した上、登録TOICAのTOICA決済サービスIDの入力等マイキープラットフォームにて必要とされる情報を入力するものとする。 5.会員は、前項に定める手続きを行った後、申込終了の表示が会員のマイキープラットフォームに表示されてからでなければ本サービスを利用することはできない。 6.会員は、本登録後においては、マイキープラットフォームにおいて、自らが本事業で利用するキャッシュレス決済サービスとしてTOICA以外の決済サービスを登録することはできない。
会員情報の変更
第8条 会員は、会員サイトに登録している会員情報に変更が生じた場合は、会員サイトにて速やかに会員情報の変更手続を行うものとする。ただし、会員情報のうち、登録TOICAについては、変更することができない。 2.会員が会員情報の変更手続を行わなかったことに起因して生じた会員の損害について、当社はその責めを負わない。
アドレス・パスワードの管理
第9条 会員は、アドレス・パスワードを、責任をもって管理するものとする。 2.会員は、アドレス・パスワードの第三者への貸与、譲渡、名義変更、売買、質入等その他いかなる処分もしてはならないものとする。 3.当社は、正当なアドレス・パスワードを使用して行われた行為は、そのアドレス・パスワードの会員の行為とみなす。 4.会員によるパスワードの管理又は誤用に起因して生じた会員の損害について、当社はその責めを負わない。 5.会員は、アドレス・パスワードが第三者に使用されていることを知った場合は、速やかにコールセンターに連絡し、その指示に従うものとする。
本サービスの実施期間
第10条 本サービスは、以下の各号に掲げる期間で実施する。 (1)TOICAマイナポイント付与対象チャージ期間(付与期間)
2020年9月1日(火)~2021年3月31日(水)
(2)TOICASF付与サービス期間(還元期間)
第13条に定める通知に記載するほか、当社のWEBサイト等に定める。
TOICAマイナポイントの付与
第11条 当社は、会員が本登録後の付与期間中に登録TOICAに対してチャージした金額(ただし、ガソリンスタンドでのチャージ及びチャージ取引明細が正常に作成されない取引においてなされたチャージを除く)を集計し、チャージ累計額が20,000円に達した場合は、TOICAマイナポイントを5,000ポイント付与する。なお、付与期間中に、チャージ累計額が20,000円に満たなかった場合は、付与期間終了時点のチャージ累計額の25%に対し、1円につき1ポイントのTOICAマイナポイントを付与する。この場合小数点以下は切り捨てるものとする。 2.TOICAマイナポイントは第13条に定める通知と同時に付与され、確定する。 3.TOICAマイナポイントの付与は、1つの登録TOICAにつき1回のみとする。 4.本登録の当日に行われたチャージは、それが第7条第5項に定める申込終了の表示がなされる前に行われたものであってもTOICAマイナポイントの付与の対象とする。 5.チャージの取消等によりチャージの効力が失われた場合は、当該チャージにかかるTOICAマイナポイントは付与されず、また、付与されたTOICAマイナポイントがあるときは取り消すものとする。 6.TOICAマイナポイントの付与の対象となる取引は現金によるチャージのみとする。
チャージ金額及びチャージ累計額の確認方法
第12条 会員は、登録TOICAへのチャージ金額及び当月末日時点のチャージ累計額について、翌月以降に会員サイト及びコールセンターで確認することができる 。
通知
第13条 当社は、会員の付与期間中のチャージ累計額が20,000円に達した月の末日(達していない場合においては付与期間末日)から1か月以内に、付与されるTOICAマイナポイントを会員のアドレス宛に通知する。 2.やむをえず前項期日に通知できない場合は、通知予定日をWEBサイト等で告知する。
TOICAマイナポイントの還元方法・場所・時間
第14条 付与されたTOICAマイナポイントは、1ポイントにつき1円として計算した金額に相当するSFを登録TOICAにチャージすることで還元される。当該還元期間・場所・時間等の還元方法の詳細については、第13条に定める通知に記載するほか、当社のWEBサイト等に定める。 2.会員は、付与されたTOICAマイナポイントについては、第13条で定めた通知メールに記載の還元期間内に限って還元を受けることができる。なお、還元期間を経過したTOICAマイナポイントは失効する。 3.会員は、登録TOICAの残額と付与されたTOICAマイナポイントを合算して20,000円を超える場合、当該TOICAマイナポイントの還元を受けることができない。 4.会員は、付与されたTOICAマイナポイントについて、還元期間に1回のみ一括して還元を受け取ることができる。 5.付与されたTOICAマイナポイントの還元方法は登録TOICAへのチャージに限る。 6.第13条に定める当社からの通知に記載されている還元に必要な情報の紛失・漏えい等により還元が受けられないことにより生じた損失は会員の負担とする。
登録TOICAの紛失・破損時の取扱い
第15条 登録TOICAを紛失または破損した場合は、会員の資格を失い、退会したものとみなす。 2.登録TOICAを紛失または破損した場合は、TOICAマイナポイントは付与されず、付与済みのTOICAマイナポイントは失効する。 3.登録TOICAを紛失または破損した場合、再度会員登録をすることはできず、また、他のTOICA乗車券を本サービスへ再登録することもできない。 4.前各項によらず、紛失または破損した登録TOICAについて、再発行が可能な場合に限り、会員の資格、チャージ金額及びチャージ累計額は自動的に継続される。
カード交換時のTOICAマイナポイントの取扱い
第16条 登録TOICAがカード交換された場合は、会員の資格、チャージ金額及びチャージ累計額は自動的に継続される。
TOICAマイナポイント譲渡及び合算の禁止
第17条 会員は、付与されたTOICAマイナポイント又は付与予定のTOICAマイナポイントを他人に譲渡、貸与し、又はこれらに担保を設定することはできない。また、会員は、他の会員に付与されたTOICAマイナポイント又は付与予定のTOICAマイナポイントを譲り受け、又は借り受けることはできない。 2.会員は、他人に代わってTOICAマイナポイントの付与又は還元を受けることはできない。また、会員は、会員に代わって他人にTOICAマイナポイントの付与又は還元を受けさせることはできない。 3.会員本人、他人に関わらず、複数のTOICA乗車券のTOICAマイナポイントを合算することはできない。
禁止事項
第18条 会員は次の各号に掲げる行為(それらのおそれのある行為を含む。以下同じ。)を行ってはならない。
(1)TOICA決済サービスID、パスワードその他会員サイトに登録した情報を不正に使用する行為 (2)第7条第1項に定めるTOICA決済サービスID、その他当社が会員情報として必要と定めた事項について虚偽の登録を行う行為 (3)第三者又は当社の財産権、知的財産権、信用、名誉、プライバシー、その他の権利を侵害する行為 (4)犯罪行為その他法令に違反する行為 (5)公序良俗に反する行為 (6)当社に対して脅迫的な言動又は暴力を用いる行為 (7)偽計又は威力を用いて当社の業務を妨害し、又は信用を毀損する行為 (8)本規約又は当社が定める約款に違反する行為 (9)本サービスに関するWEBサイト等のサーバーへの不正アクセスや本サービスの誤作動を誘引する行為 (10)本サービスに関するWEBサイト等を通じて、コンピュータウィルス等の有害なプログラムを送信・流布する行為 (11)当社の承認なく、本サービスに関するWEBサイト等を通じて、若しくは関連して、営利を目的として行われる行為、又はその準備を目的とする行為 (12)他の会員になりすますその他の正常でない方法でTOICAマイナポイントの付与又は還元を受ける等本サービスの運営を妨げる行為 (13)その他、当社が本サービスの会員として不適切であると判断する行為
退会
第19条 会員は、当社指定の方法によりいつでも退会をすることができる。退会後は、本規約に基づく会員資格を喪失し、本サービスの利用ができなくなる。なお、退会までに会員が本サービスにより付与されたTOICAマイナポイントの還元を受け取っていない場合、当該TOICAマイナポイントは無効とし、還元は行わない。 2.会員は、会員サイトへの登録後に本サービスの会員から退会した場合、再度本サービスに会員登録をすることはできない。 3.会員は、本登録以降に本サービスの会員から退会した場合、マイキープラットフォームにおいて、自らが本事業で利用するキャッシュレス決済サービスとしてTOICA以外の決済サービスを改めて登録することはできない。 4.会員は、前各項によらず、第10条第2号に定める還元期間終了時には、自動的に退会となり、会員資格を喪失する。
会員資格の喪失
第20条 当社は、会員が次の各号のいずれかに該当するときは、会員の資格を停止し、又は喪失させることができる。また、当社は、会員が次の各号のいずれかに該当する疑義があるとき、当該疑義が解消されるまでの間、会員資格を停止することができる。なお、会員資格を喪失した場合、資格の喪失と同時に、当社は本サービスにより付与されたTOICAマイナポイント及び付与予定のTOICAマイナポイントについて無効とし、また、当該TOICAマイナポイントの還元は行わない。この場合の再加入等については前条第2項を準用する。
(1)会員が第18条各号に掲げる行為を行ったと当社が判断した場合 (2)会員について会員の責めに帰すべき不当な取引が発生した場合 (3)マイナポイント事務局から指示があった場合 (4)本規約又は当社が別に定める約款等に違反した場合 (5)会員が登録TOICAを払いもどしした場合、登録TOICAが無効となった場合、その他登録TOICAが利用できない状態となった場合 (6)会員が反社会的勢力であることが判明した場合(過去5年以内に構成員だった場合を含む) (7)会員が死亡した場合 (8)その他、当社が会員として不適格であると判断した場合
サービスの変更・中断・中止
第21条 次の各号のいずれかに該当するときは、当社は本サービスを変更・中断・中止することができるものとする。
(1)疫病、天災、停電、通信事業者の通信設備異常、コンピュータシステム異常等の不可抗力によりTOICA乗車券の取扱い又は本サービスの継続が困難であると当社が認めた場合 (2)総務省が本事業の変更、中断又は終了を決定した場合 (3)当社が本事業に参加しないこととなった場合 (4)その他、やむを得ない事情により当社がTOICA乗車券の取扱い及び本サービスの変更・中断・中止を必要と判断した場合
2.前項に基づく本サービスの変更・中断・中止に起因して生じた会員の損害について、当社はその責めを負わない。
問合せ窓口
第22条 本サービスについての問合せ、相談は、当社のWEBサイト等のほか、コールセンター(平日10時~20時:0120-733-200)にて受け付ける。
個人情報の収集・利用・提供
第23条 次の各号に定める、会員登録時及び会員登録後に取得した会員の個人情報は、当社が管理する。
(1)TOICA決済サービスID、氏名、携帯電話番号、アドレス等、会員が登録申込時に届けた事項及び入会後に届けた事項 (2)本サービスの実施期間中のチャージに関する履歴(チャージ日時、チャージ場所、チャージ金額等に関する情報を含む)等の情報 (3)TOICAマイナポイントの付与、還元に関する情報 (4)会員からのお問合せ等により、当社が知り得た情報
2.当社は、前項に定める会員の個人情報を以下の目的で利用する。
(1)本サービスの実施・改善(お問合せ対応、当社から会員に連絡する必要がある場合の連絡先の確認及び本人確認を含むがこれらに限られない。) (2)TOICA乗車券に関するサービスの実施及び改善
3.当社は、第1項に定める会員の個人情報を、本サービスを実施するにあたり必要な期間保管する。なお、当該保管期間終了後は速やかに削除する。 4.当社は、第1項に定める会員の個人情報を、本サービスを実施するにあたり必要な範囲内で、当社が業務を委託する委託先に提供することがある。 5.会員について会員の責めに帰すべき不当な取引が発生し、もしくは不当な取引が発生した疑いがあると当社が判断した場合、当社は、当社が当該判断をした事実のほか、会員の氏名、生年月日、携帯電話番号、TOICA決済サービスIDその他会員を特定するために必要な情報を、マイナポイント事務局、本事業の登録決済事業者及びその委託先に提供する。 6.当社は、本サービスに関する情報を、市場調査その他の調査研究のため、個人を特定しない統計情報の形で利用することがある。
免責事項
第24条 当社の故意又は重過失による場合を除き、システムの不具合その他本サービスに起因して発生した会員の損害について、当社はその責めを負わない。 2.第14条第2項に定める還元の受け取りに際し、やむを得ず受け取りができない場合に発生した会員の損害について、当社はその責めを負わない。 3.会員がマイキープラットフォームで設定・入力した申込内容等に不備があり、本サービスを受けられないなど、会員に発生した損害について、当社はその責めを負わない。
損害賠償
第25条 会員は、次の各号に掲げる場合、国、マイナポイント事務局又は当社に生じた一切の損失を直ちに賠償しなければならない。
(1) 会員が第18条各号に掲げる行為を行ったと当社が判断した場合 (2) 会員について会員の責めに帰すべき不当な取引が発生し、もしくは不当な取引が発生した疑いがあると当社が判断した場合又は当社がマイナポイント事務局から通知を受けた場合 (3) その他会員が本規約又は当社が別に定める約款等に違反した場合
準拠法・裁判所
第26条 本規約の成立、効力、履行及び解釈にあたっては日本法に準拠するものとする。また、本サービスに関連して、当社と会員との間で生じた紛争については訴額に応じて名古屋地方裁判所又は名古屋簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。
施行・有効開始日
本規約は、2020年9月1日より有効とする。